IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
現在位置:
いちご(株) - 株価チャート

341

+4(+1.19%)
  • 前日終値
    337(05/13)
  • 始値
    342(09:00)
  • 高値
    346(13:30)
  • 安値
    339(09:03)
  • 買いたい
  • 様子見
このスレッドは終了し、閲覧専用となっています。
コメントの投稿、最新コメントの閲覧はこちらの最新スレッドをご利用ください。

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • 1005(最新)

    S氏 2020年12月13日 23:43

    調べるほど怖いですが
    トランプが任命した最高裁判事が否定したとするなら
    これも作戦と疑う余地ありですね。
    否定しトランプは次の作戦へと。。。
    トランプには頑張ってほしいけど

    日本市場がああ~~

  • トランプ大統領は2年前に 米国の選挙で外国の干渉が発生した場合に特定の制裁を課す大統領令  これに署名しているようですね
    今回の選挙でトランプ大統領側がトラップを仕掛けた?
    仕掛けたというより想定済みかというところですね

    国家情報長官は干渉があったと述べているようです

    トランプの標的は
    ドミニオン 米民主党 献金元のウォール街
    ソロス ザッカーバーグ オバマ マスコミ等
    (SNS調べ笑)

    そしてアメリカをアメリカ人に取り戻す

    やっぱりトランプ プーチンVSバイデン 習近平
    中国とキンペーはちょっとイコールじゃないのかなと思ってますが
    どうなんでしょうね。。

    日米ロお友達じゃないと、ああ~尖閣が~~とかなりそうで嫌ですね。

  • >>998

    ありがとうございます。
    深いですね。この時間なので明日もう一度色々調べてみたいと思います。

    投票集計に関しては過去から問題はあったみたいですが
    今回明るみにしてきたところもトランプ側?の作戦ですね・・
    こうなることを計算で戒厳令にもともと持っていきたかったのか。。

  • >>995

    すでに御存知のとうり、桜の会の一件で安倍さんの再任説はトーンダウン。
    この悪報がこのタイミングで出た事が重要で、アメリカの陰謀が疑われる一件です。

    以上は1例です。
    いわゆる戦時体制に移行しているのですが、今の菅内閣にそんな自覚があるのか?正直疑うレベルです。戦時の内閣としては不向きかもしれません。そういう意味で心配しています。

    今は私は相場でトレードをしていません。
    理由は戦時下であり、1日1日でとんでもないビッグニュースが連続して出てくるからであります。

    真珠湾は季節的に考えるべき事項ですが、国と国との接触よりは、国内での内乱を抑え込むのが先決であろうと思います。具体的にいうと暴動やテロ対策です。

    米国では東海岸と西海岸地域に米国海軍が多数終結。異常な数だといいます。
    上空も軍用機が頻繁に飛んでいます。噂どうりに戒厳令はいつでも発令できる事は間違いないと推察される。

    また中國側も北側にロシアの戦車隊が集まりつつある という情報もあります(こちらは確度が?)

    御存知のとうり、1カ月以内にフランスと英国の空母も中國近海にやってきます。
    ドイツを含めて欧州も中國と抗戦する準備は整った。 と言えると思います。

    2020年8月ごろより米国潜水艦部隊に戦時下出撃体制が出ています。これから半年、すでに兵站を含めて実働段階に入ってオカシクない時期になりました。

    ちなみに真珠湾攻撃はソ連スパイ工作により米国大統領府が汚染され、日本が米国を攻撃するように仕向けられ、それを米国大統領が見過ごす という陰謀が近年証明されています。トランプはこの説を少なくとも理解している団体から献金を受けている為に、日本に対しては極めて親切に接してくれています。

    過去形で語らねばならない可能性もあり、この件は残念です。
    なおトランプは菅政権の動きを糾弾しており、トランプ復権後の関係は悪化を免れません。

  • >>996

    誤解があるようなので返信しておきます。

    ・バイデンは民主党員らしく銭ゲバタイプで中國共産党から多額の資金を息子を通じて送られています。そういう意味で親中で間違いないでしょう。この件は既に特別捜査官の捜査が進んでいる最中です。

    中國は既にバイデンを捨てている という証拠はありませんが、中國側は既にバイデンに送金した中国人を逮捕なりして粛清を完了している事。バイデンは次期大統領候補でありながら、スパイといったインテリジェンスと国防軍事態勢の情報アクセス権を未だに得ていません。中國側は既にバイデンを捨てたと考える理由はこの辺にあります。

    察しのとうりトランプは対中政策については厳しくありませんでした。
    交渉の機会を中國に与えたのでそうなるのですが、既に交渉決裂。ステージは次に移った所です。

    またトランプは大統領職を失職する事を視野に入れて、バイデンが裏取引等で中國と妥協しないように、1月の任期切れまでにハードルを意図的に上げる。そして法律のような明確な証拠を残していく作戦を取るはずです。

    中國側からするとバイデンに工作を行ったものの、バイデンの実力は足りず、またバイデンが中國を裏切ると今は考えている と想像しています。

    このシナリオは最も日本にとっては最悪で、軍事衝突という最悪の結果を招きかねない。

    ・ロシア疑惑があるのでロシアとトランプが御友達という理解が進むのは仕方のない事だと思います。MEDIAは決して報じませんが、FAKEニュースの典型です。
    ロシア疑惑の本質についてはここでは述べませんが、結論を言っておくと、ロシア疑惑=民主党の悪事 でありトランプは無関係でしょう。
    ちなみにロシア疑惑はハンターバイデンのメール事件から真相が出てきてもおかしくないようで、今後の進展に注目です。
    なおドミニオン集計機の導入にもハンターバイデンのPCには証拠がある。 といった噂がある事を明記しておきます。

    共産党の必殺技に多いのですが、自分の罪状を他人へ、しかも敵へなすり付けるのは常套手段であります。

    この件は、本質を自分で追って頂きたい。

  • >>994

    こちらも書かれていたんですね💦
    オバマと同じ親中かと思ってましたが見捨てられるのですかね。。
    トランプの場合はこれまで対中政策といっても実際はそれほど厳しくなかった印象で
    今の方が厳しいですね?
    なんだったら実はトランプと中国は蜜月かとも思ってました。
    バイデンと軍産今後つぶされる運命なのかと。

    ロシアですか。トランプとお友達じゃないのですか?
    今後気にして記事見てみます。

  • >>993

    ③ほんとにそうですよね
    ほぼバイデン確定とマスコミの流れの中、トランプが対中国関係悪化に導いている
    自分がやっているときより厳しい制裁ですよね?今日のロイターでも米株式指数から排除、チャイナテレコムの免許取り上げ。これ、トランプ自身は再選あきらめて、バイデンに重荷を課す感じですね。
    菅さんは嫌いじゃないけど、いったん緩衝材替わりなのかなと。安倍さんに出来ないこと(支持組織、支持層鑑みて)菅さんはある意味フリーなので今のうちに改革できることはやってもらってほとぼり冷めたらまた安倍さん返り咲きとかw

    年末年明けと市場に影響するのかも気がかりです。
    かるーい真珠湾攻撃みたいにならないといいのですが。

  • >>993

    ⑤中國の我慢
    我慢という表現はもはや誤りかもしれません。私個人はそのように判断しています。
    中國はバイデン政権を既に捨てている。共犯できるだけの実力者ではなくてゴミとして捨てているという認識です。

    ・西側諸国は武漢ウィルスは兵器研究所が源で、しかも拡散はテロという認識がされている(フランス起源か)
    ・中國は米国大統領選に関与した。少なくともバイデンとトランプとの真の差を見た可能性。
    ・ウィグルの人権弾圧は歴史に残るレベルの悪行として西側で認識されている。

    以上の3点は例え1点でもあれば開戦の強い理由になりえる事ぐらいは中國も理解しているでしょう。
    中國はもう抗戦の準備に入った。抗戦といっても同盟軍のない鎖国状態での抗戦パターンか。

    個人的にはロシア軍の動きに注目しています。

  • >>992

    こんばんわー。

    ①大統領選
    裁判所が裁定したがらない案件。国家の危機という難題にこの安全装置は働かない。危惧したとうりの結果でしょうか。
    戦時と平時の温度差もありますが、非常時には裁判は民事ではなくて刑事裁判や軍事裁判が適当なのかと思います。
    そういった方向になるでしょうし、FBIなどの検察。世論誘導。数学的な不正の証明といった別の分野からのアプローチの方が効果的か。

    民事訴訟で唯一の戦果は日程を遅らせる事には成功したこと。


    ②日本の政治
    右往左往。戦時との意識は薄く平和ボケ。菅新政権も改革路線の可能性があり期待したのですが、良かったのは携帯電話料金の引き下げぐらい。
    戦時にこんな政策を打った所で悲しい限り。タイミングと内容最悪のグリーンエネルギー計画や駐米大使をバイデンとコンタクト歴のある人物に
    変更するなど、外交と言うより戦場の風を無視する指揮官で今後は日本には厳しい展開になるやも。
    コロナ対策などは無策。本当は知事がやらねばならん仕事なのですが、知事が無能なので国策として違うやり方を模索すべきでした。

    ③トランプの残り期間で出来る事
    すでにやっている事を見ればハッキリ見えている。
    中國への攻勢を強め、バイデンが妥協したとしても不可逆的に戻れない位置までハードルを上げてしまう。
    もちろん目に見える法律と言う形で合法的に中國側に不利なものがほとんどでしょう。

    ④バイデン新政権
    国防総省が核のボタンを渡さない。といった米国大統領としては不思議なレームダック状態が初期値。
    初日から弾劾裁判当たり前。そんな異例の事を考えたほうが良いかもしれません。それだけバイデン政権の今の状態というのは悪い と推察される。

  • >>990

    royさんこんばんは。
    大統領選の行方複雑ですね

    日本は安倍さん退陣 中国絡み排除なのか、カジノ絡みや
    裁判やってる議員も、二階さんも不発?

    バイデン閣僚は軍産系?トランプは残りの期間更に何をやってくるのか。
    中国も我慢の限界か。

    これから1月まで目が離せませんね。

  • JDIの菊が来るの?
    いらねーな。JDIでグダグダだった奴が何するの?株式にとって悪材料でしかないじゃん

  • 【追記】
    ①については早速進展があった。
    最高裁判所はテキサス州からの訴訟を棄却。

    理由はテキサス州etcは選挙結果や内容について被告州4州を訴える為の権利を有していない。 というものであった。

    棄却された場合の予測された判決であったが、トランプ陣営からすると作戦タイムを獲る展開だ。

    ・このタイミングで諦める。撤退
    ・要するにこの件で各州の訴訟を地道に積み上げれば良いのだから、大統領職を失う形でも司法面での攻撃を辞めない。持久戦
    ・いや大統領職を含めて解決をするために別のプランを実行する。速攻。

    いろいろ考えるべき事でトランプ陣営の発表に注目が集まる。

    ①は司法面での動きだが、トランプ陣営は大規模同時攻撃に作戦を切り替えており、まだ抗戦するのではなかろうか?と個人的には思う。

    棄却の理由はハッキリしている。
    本質的には民主党の晴れて万歳、バイデンは強力な大統領として発足できる。という状態になっていない点が重要だ。
    あくまで手続き上の話で、メルトダウンの時に最高裁が機能しない という機能不全の状態であろう。

    機能不全の最高裁は頼りにならない。
    次の手は? 当然戒厳令発令などの武力行使に移ってくるわけだが、おそらくトランプはこの手段を使わない と個人的には思う。
    使うときは防衛手段としてだけの、暴動の鎮圧時に限られると 思う。

    どちらに転ぶにしろ、トランプ陣営の動きに注目だ。

  • そろそろ週末も終わり相場は閉じる。
    そして、来週は米国大統領選は一度目の転機を迎える事になりそうだ。

    争点は
    ①テキサス州など18州が激戦州4州を告訴。最高裁での審議が始まるか?
    いや却下か? 間もなく結果は出る。
    ②ハンターバイデンの捜査は本格化?進展は?
    ③消えたCIA長官の謎。
    ④14日の選挙人を選ぶデッドラインは?
    ⑤Youtubeはドミニオン等の集計機のイカサマを論ずる動画を凍結すると宣言。
    実行は? 数週間後に本格化させるのだとか。。。

    補足事項
    ①州が州を訴える訴訟は珍しく50年以上も前で最近は行われていない。
    訴状の内容は極めて単純。集計機のイカサマの証明といった複雑な手段は全く必要ない。もし受理されて審議が進めば被告の4州は敗北必死であろう内容である。
    被告4州はその点ヤバイと感じているのだろう。
    最高裁が出せと言われた抗弁書に 無礼極まりない訴状を問答無用で却下しろ!
    などと法律外の事を言っている。もはや完全に論理破綻している。

    ②こちらは いつ爆発するか?わからん爆弾で処置できない。MEDIAは報じないが最近になって特別検察官が任命されて専門の捜査機関が動き始めている。

    ③米国国防総省は今後CIAの海外の活動バックアップに軍隊のサポートをしない事を決めた!CIAは事実上、文官だけの組織に縮小される。(今後はボンドを雇う必要あり)

    ドミニオンの海外サーバー押収時にCIAと陸軍に死亡者が出た。
    CIAの証拠品を取り押さえる際は警察やFBIを使わないで軍隊を投入する。
    ドミニオンのサーバーを守る為にCIAが抗戦したという噂はおそらく真実であろう。CIA長官は反トランプで有名だが、大統領会議に出席していないのは前述のとうり。また、最近音信不通であり、逮捕されている。または死亡説が流布されている。この件は噂ではなくて少なくとも事情聴取の上、法廷取引中と見れば最も自然。

    この件は表に出れば、いきなりトランプ側の王手となろう。

    ④14日のデッドラインは既に崩壊していると推察される。残るのは大統領の就任式の日程だけだろう。もちろん14日を目標に強引な手を使ってくることには警戒が必要。

    ⑤世論が動き始めた今、遅いかな。。という印象。
    事実や噂話を禁止するという事はいかなる事か?
    今後遺恨を残すやも。とは言え、不特定ながら時間的猶予を明言している

  • 博多ホテルズブランドの新ホテル「The OneFive Terrace Fukuoka」2020年12月15日オープン!
    博多ホテルズ株式会社


    当社が、2016年3月に取得した「5th HOTEL(West)」が、「The OneFive Terrace Fukuoka(ザ・ワンファイブテラス福岡)」として、2020年12月15日にグランドオープンいたします。

  • >>982

    いよいよ、いちごと道連れ旅が始まった

    ケネみたくいちごを高く買収してもらい、得た金をスコットキャロンはJDIへ追加投資し経営に専念する、ってのがオチか。

  • また週末になってきて米国大統領選は戦況が大きく変化した。

    ①テキサス州が激戦州4州を提訴
    ②トランプ大統領ペンス副大統領がバイデンとハリスを提訴
    ③ドミニオン集計機にトランプ弁護団が直接調査できる権限を得た
    ④国防省暫定トップのミラーは外遊から緊急帰国。国防省は向こう10日間の軍事裁判を開廷しないと宣言し何かの任務に集中。
    ⑤CNNの社長等々の偉い人がトランプ側の記事を取り扱わない理由についてが暴露される。

    ①②③④⑤は極めて重要な断片的事実である事から今後の展開に影響しそうだ。

    トランプ側の反撃は一気に戦線拡大。
    バイデン側は相変わらず文句も言わず、MEDIAや裁判所に来て抗弁や反論をする事もなく沈黙作戦を厳守したままである。

    12月8日は各州の選挙人を確定させる為の選挙結果を確定する期限であるが、バイデンはこの既成事実を作りに行く作戦であったのは明らかであるが失敗した。
    この平時の決定は、選挙が公正であり、敗北候補が敗北宣言をするという勝者と敗者の一致が大原則だ。今回この前提は吹き飛んでいるので延長戦は続行しそうだ。

    次は選挙人団は大統領選出のため12月14日に投票を行い、来年1月20日に次期大統領の宣誓就任を行う日程だ。

    12月14日に各州が選挙人が大統領を選ぶ行為を実行するか?が論点になる。
    各州が大統領を選出する為の選挙人を送らない。
    裁判所が12月14日の期限を延期する。
    そういった展開には注意が必要だ。

    14日に強引に大統領候補を選ぶ選挙人を出す。出さない。
    この週末の蠢動に注目だ。

    MEDIAはトランプ側の敗訴を喧伝するが悲しい限り。
    敗訴は一部の内容であって裁判自体は続行され残項目は継続審議中である。
    結果として12月8日に選挙人がバイデンを選ぶという既成事実作戦は破綻した。

    いわゆる偏向というよりは、悪意ある虚偽の報告であるのでまともな民主党支持者からバイデンから離れて民意はなくなる。バイデン政権と大手MEDIAの運命は確定的だろうか。もはやバイデンが大統領になれれば全てがOKというシナリオは既に霧散しているようだ。進むも退くも茨の道かと思う。

    さすがに中國共産党は気が付いたようだ。
    バイデン側のミスが多すぎるという判断だろうか。
    米国大統領がどちらになろうが、中國と米国の対立は決定的であり、その準備を進めるだろう。

読み込みエラーが発生しました

再読み込み
JASRAC許諾番号:9008249113Y38200 写真:アフロ

(C)Yahoo Japan