ここから本文です

四季報より

『増 額』
インフラサービスが想定やや上回る。
主要顧客のエレクトロニクスや金融、公共向けなどが好伸。
システム開発は金融向け不冴えを自動車・機械向け案件増で埋める。
採用費などの先行費用を吸収し、前号の営業減益予想から一転、
微増益圏に。

『提 携』
業種特化型ソフトに強いアイスランド企業とソリューションプロバイダー契約。
SE対象のインセンティブ制度導入。