IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

2018年11月14日付けで2本のリリース発信しましたね。1本目は、香港大手ファンドと「日本企業への投資及び日本企業の香港上場支援事業」の締結をした。2本目は、「子会社ブレイクの香港上場準備開始」ですね。これは巧妙に仕組まれた罠みたいですね。香港上場の支援事業を締結したと発表して同日付でブレイクの上場準備を始めた。支援事業を締結した位だから、ブレイクの上場は早いのではないかと当時の人はそう思い当時の投稿欄もブレイクの上場は近々間違いないとの内容が多かったですね。ブレイク上場については「進捗状況等開示すべき事由が発生した際は、速やかに開示いたします」となっていますね。ところがどうでしょう。もう間もなく2年が近づいているけどなしのつぶてで一切発表しませんね。本当に上場企業としてこれだけ出鱈目な会社はないのではないでしょうかね。