ここから本文です

でも、ここのマイニングの採算分岐点は74万円で、今のビットコイン価格88万円まで戻ってきた。ビットコインも大底を脱したようだし、安定的に今の価格を保持できるなら、マイニング復活も悪くないでしょう。

業務提携は解いていないはずだし、マイニング機器類もそのままあるでしょうし、税務上で一括計上しているだけだから、マイニング開始は容易。ただ復活して、またビットコイン価格が落ちたから、また中止しますとは言えない。
ビットコイン価格が戻った今、短絡的に先を読む力がなかったとはまだ言えないね。

それに、アリペイも国内対象というよりも、その後の中国物流との提携も合わせて、ブレイクの中国販売開始のために準備したということでしょう。それらはバラバラではなく、中国進出に合わせて準備しているものだと思う。会社の説明や情報開示が一切無いから、わかりにくいだけ。

ただ新社長になってからずっと、新安値を更新し続けているのに、今度の社長は危機感もなく、単に無能というだけじゃないかな。何もできないなら、さっさと代わったほうがいいと思うがね。