ここから本文です

 30日、関西電力は、未払いの時間外手当があったとし、従業員約1万2900人に総額約16億9900万円
支払うと発表した。電通に続き「またか!」と思いを新たにした。

 このような社会問題を目の当たりにして、カイカはブロックチエーン技術を適用して、場所データと
出退勤時間を結びつけた勤怠管理システムの開発に着手しサービス化を3月21日に発表している。

 国が推し進めている「働き方改革」を背景に、各企業においては従業員の勤務時間に関していつそうの管理強化が必要とされているため、精度の高い勤怠管理システムのニーズ高まってきている。

 このような時代背景に鑑み「カイカ」のブロックチエーン技術を、適用した出退勤時間を結びつけた
勤怠管理システムの開発の成功は、時代のニーズと共に大手企業からの注文が殺到する予感がするが・・・
早いところの成功が待たれる。