ここから本文です

フィンテックが門戸開いた、1兆ドルの金融市場

2016年1月13日(水)ttp://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/262112/010600003/?rt=nocnt

「フィンテック」 ~ 技術革新による金融サービスのデジタル化 ~ という言葉が、昨今の銀行業界を語るのに欠かせないキーワードになっている。米国シリコンバレーを中心に、技術力を駆使したベンチャーが革新的で利便性の高い金融サービスを開発して、銀行業界に参入している。
ユーザーは「銀行」の存在さえ意識しないまま、便利な金融関連サービスを受けられる可能性が高まる。銀行業界が対応を誤ると、ただ利用され、迂回され、最後は分解されて、市場からの撤退を余儀なくされることになろう。
あなたも使う?「銀行」以外の金融サービス

預金、貸付、送金、決済。これらは銀行が提供する基本的なサービスだが、銀行だけが提供できるサービスだと思ったら大間違いである。まずは、日本に既にある「フィンテック」の事例を紹介する。

2015年8月24日に1日の利用者が10億人を超えたフェイスブック。そのメッセンジャーアプリを利用して、ユーザー間でお金のやり取りができるようになっている(米国内では米国の銀行が発行したデビットカードの登録が必要)

例えば、ランチの割り勘代金を友人に支払ったり、個人間のモノの売り買いの決済手段として使ったり、こまごまとしたお金のやり取りを、メッセージを送るような手軽さで可能にしている。しかも送金手数料は無料だ。日本国内では、楽天銀行の「かんたん振込」サービスと連携している(手数料がかかる場合もある)。

こうした個人対個人の取引を可能にするサービスのことを、P2P(Peer to Peer)サービスと呼ぶ。これまでは1回ごとの取り扱い金額が少ないうえ、送金する金額に比して手数料が高いなどのハードルがあった。LINE Payも、LINEでつながっている相手ならば、銀行口座の情報を知らなくても、送金することができる。

※ 一部抜粋