IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

意外な展開、IRで少し驚きました。
ワラントの期間は2年あるので長い目でみれば完了し、残り7.800万円ほど(195×401,000)の資金調達ができたわけですが・・・
諦めたというよりは
ここでスパッと強制終了させる選択をしたと受けとめます。
当初予定の調達資金39億円はあくまでワラント前の株価からの計算、下限行使価格での計算で真に必要な資金の計算はたっていたと思います。
暗号資産の運用資金意外の優先事項には不足なく投資できたわけですし。
株価上昇の局面になっても「ワラント終了を待ってから」という投資家心理もあったと思いますので悪いIRではないと思います。