IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

【テックビューロ&SJI】
SJIとテックビューロがブロックチェーン技術のフィンテック実証実験と販売に向けての協業を開始
~ブロックチェーン技術を用いたフィンテックを共同で実証実験し「mijin」の販売を検討~

報道関係者各位

株式会社SJI(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:劉 天泉、以下「SJI」)とテックビューロ株式会社(本社: 大阪府大阪市西区、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロ」)は、ブロックチェーン技術を用いたフィンテックの実証実験及び共同開発、並びにプライベート・ブロックチェーン構築プラットフォーム「mijin」の販売を含む、幅広い分野での業務提携を具現化するための協業を開始いたしましたのでお知らせします。

最新のブロックチェーン技術を金融機関向けの商品化へ

今回の協業は、金融分野でのシステム開発に実績を持つSJIと、ブロックチェーン(※1)技術を活用したフィンテック(※2)に強いテックビューロの強みを持ち寄り、事業シナジーを図るものです。

具体的には、テックビューロのプライベート・ブロックチェーン基盤「mijin(ミジン)」の汎用化・製品化の完了に向けて、SJIと共同で「mijin(ミジン)」の実証実験と販売を検討するほか、フィスコ、ネクスグループでの協業における共同開発をテックビューロとSJIで模索することなどを検討・想定しております。

SJIはこれまで都銀、地銀、証券会社等の多くの金融機関向けシステム開発を通じて、そのシステムインフラに精通しており、「mijin」のプライベート・ブロックチェーン・プラットフォームを企業がより運用しやすい製品へと昇華させる役割を担います。なお、さらに詳細な内容につきましては、決定次第、順次発表していく予定です。

今回の協業によって、SJIは実績ある金融分野でのシステム開発において、先端技術であるブロックチェーン技術の取り込みを図ることができるほか、テックビューロはブロックチェーン技術の金融システムへの応用を図ることができ、両社にとって収益獲得機会が増すことになります。


【テックビューロ&野村総合研究所(NRI)と住信SBIネット銀行】
本日、野村総合研究所(NRI)と住信SBIネット銀行から、ブロックチェーンの実証実験開始について発表がありました。

同発表において、弊社プライベート・ブロックチェーン構築プラットフォーム「mijin」の採用が発表されました。

mijinは、オープンソースのパブリックなブロックチェーンプロジェクト「nem」の主要メンバーを誘致し、弊社にて開発したプロダクトです。その言わば兄弟プロジェクトとも言える2つのブロックチェーンプラットフォームが、日本初の銀行における公式な実証実験に採用されたことは誠に光栄の至りです。

本件に関しましては、ITMedia社の@ITにて「住信SBIは実用化向けシナリオを検討、テックビューロはパブリックテストを開始」として、日経BP社のITProにおいては「パブリックブロックチェーンであるNEMと、武宮氏がChief Blockchain Officerを務めるテックビューロが開発するプライベートブロックチェーンMijinを併用して評価・実証する」と紹介されました。

SJIの主要販売先は、野村総合研究所(NRI)、大株主には、SBI証券。尚且つSJIはこれまで都銀、地銀、証券会社等の多くの金融機関向けシステム開発を通じて、そのシステムインフラに精通。
やはりmijin繋がりで、野村総合研究所(NRI)と住信SBIネット銀行絡みが非常に怪しいね~! (^_^)