IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
  • >>537

    コケるって言うほどじゃないんだけど、年度末にCROなんかの評価替えをやっているからでしょ。個別法による簿価切り下げですね。
    CROの採算性って全体で見れば安定的なんだろうけど、全体的に難易度が向上しているせいか、費用の見通しが想定を超えてしまうのってのが多くなっているんじゃないかな。儲かるプロジェクトと損失を被るプロジェクトの両極端化する傾向だったりしてね。おまけに、特に多そうなのが完了して売上計上したのに追加費用が発生したりして。そんなのを見積もって年度末に調整しているんでしょう。普通、評価替えにより原価投入(簿価切り下げ)って年度末にしか行わないよね。
    それと、IPMなんかの研究開発費に関して年度末検収=費用化ってのも多いかもね。

    今年度はどうにか昨年並みの売り上げを確保できただけで十分じゃないのかな。純利益も▲25%程度にとどまってくれそうだしね。Q1~Q3まで、良くぞ頑張ってくれたもんだと評価してあげないとね。

    ともあれ、こんなご時世ですがCSOとIPMなんかが堅調に推移してくれているし、来年度はけっこうきたいできるかもね。

    CMO+ヘルス+IPMのQ3累計売上(セグ利益)
    18/9期 23,838 (+359)
    19/9期 25,930 (+448)
    20/9期 31,362 (+1,490)