ここから本文です

リニカルの主力事業は、医薬品開発業務受託(CRO)事業です。
11月12日に発表した16年3月期第2四半期業績は、売上高は37.79億円(前期比88.3%増)、営業利益は11.32億円(同285.9%増)、経常利益は11.37億円(同287.8%増)、純利益は7.46億円(同342.8%増)と2桁増収・3桁増益で着地しました。
経常利益の通期予想に対する進捗率はすでに92.8%に達しており、最高益予想を見込んでいる通期予想のさらなる上振れが期待されます。

11月30日大引け後に12月31日を割当日とした1→2の株式分割を発表し、流動性が高まる点がポイントです。