IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

こんにちは、パーソル&オンキヨー(倒産)の時間です!!!!!
今日はチェコスロバキアで1970年頃に流行った歌を紹介するよ。

Eva Kostolányiová - More lásky
https://www.youtube.com/watch?v=hbRtazjI5d0

エヴァ・コストラニヨヴァ(Eva Kostolányiová)は、スロバキア(旧チェコスロバキア)の歌手、ダンサー、音楽女優。
生年月日:1942年11月2日(スロバキア西部のトルナヴァ)
死亡:1975年10月3日(32歳、スロバキアの首都ブラチスラヴァ)

エヴァは第二次世界大戦のさなかに、多くの子供を持つ貧しいスロバキアのカトリックの労働者階級の家庭に生まれた。父と母は、スロバキア西部トルナヴァの砂糖工場で労働者として働いていたが、母は病気がちであまり働くことができなかった。父親は49歳という若さで亡くなりました。なので、エヴァは学校に行くことができず、14歳から地元の食肉加工工場で働くことになった。しかし、彼女はとても才能豊かだった。
1956年に、彼女はスロバキアで有名な民族舞踊グループ「SĽUK」(スロバキア民俗芸術集団)のコンテストに合格し、そこで5年間踊った。その後、1961年にブラチスラヴァに本拠を置く「VUS」(ミリタリーアートアンサンブル ヤン・ナレプカ大尉)という別の団体で踊った。

それから、1967年にスロバキアの歌劇団「Tatra revue」のコンテストに合格し、そこで彼女はオープニング(初演)の準備をしていた。しかし、最終的には彼女は代役としての出演にとどまった。ソビエトの共産主義者たちは質ではない、別の基準を決めていたのだ。

これを機に「Tatra revue」を脱退し、「Ľub Belák」というバンドで歌手として歌いはじめ、その後、1970年にオーケストラ「Braňo Hronec」に入団した。このオーケストラはその完璧さから、西ヨーロッパでは数少ない「東ブロック」出身者として受け入れられており、スイス、ドイツ、スウェーデンで活動していた。彼女の人気は高まったが、1970年乳癌に罹患した。