ここから本文です

売上高が1,158,197千円(前年同期比 19.2%
増)、売上総利益も225,969千円(同13.4%増)と増収増益となっているので成長しています。

人員拡大や運営費用等により、販売費及び一般管理費は増加していますが、将来に向けての投資と考えます。

抜粋(2020年6月期 第2四半期決算短信)
当社グループの当第2四半期連結累計期間は、売上高が1,158,197千円(前年同期比 19.2%
増)、売上総利益も225,969千円(同13.4%増)と増益となりましたが、広告・マーケティング事業のデジタルマーケティング分野、官公庁事業、地域商社事業の人員拡大や運営費用等により、販売費及び一般管理費は増加していることから、営業利益941千円(前年同期は8,334千円の営業損失)、経常利益は2,039千円(前年同期は9,159千円の経常損失)となり、親会社株主に帰属する四半期純利益は474千円(前年同期は9,595千円の親会社株主に帰属する四半期純損失)となりました。