IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

理由は単純です。
エンドステージ肝硬変だけでも早いと思ってたところが、3相承認IRで先延ばしになったと株主が判断。それにより、株価で400円相当、時価総額で180億円相当が消えた。そして株価は1500円台に。
それが今度は、画期的治療薬指定された肝線維症治療薬候補として最終治験が進んでいくことになる。その進捗分の株価と時価総額が戻ると読んでいます。^^