IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>699

中国では肝疾患が国民病と呼ばれ、F351の治療対象となる肝硬変や肝線維症などの患者が今や千万人単位でとんでもない人数います。
F351は、既存薬だったF647アイスーリュイ(ピルフェニドン)と違い新たな大型新薬ですから、F351が2相でこれだけ良好な改善数値をたたき出していても、3相で症例数を増やして多くの患者の安心感を高めることが必要なのだと思います。
こんなに甘い主要評価項目でいいのかと思われてる人もいるでしょう。でも、中国政府からすると、確実に必要な新薬なのだから、しっかり上市していくための3相主要評価項目ということも言えます。
これから3相治験に関して、補足説明IR(株主有利なものだけですけど)なんかも出してくれるとありがたいです。