IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

F351の日本での提携開発ですか。
ルオ社長も2年前くらいでしたか、新聞インタビューで「日本市場も重視していて共同開発パートナーでいく」と記事になっていました。
中国で極めて良好な治験結果を出して画期的治療薬に指定されたF351。
日本国内も肝疾患患者は多く、大きなお金になる治療薬候補です。
GNI側から無理な条件さえ出さなければ、日本国内での共同開発のための業務提携は決まれば早いでしょうね。
そういう意味で、今回の『画期的治療薬』指定は、中国開発で超重要ですが、日本開発においても極めて重要な「提携開発のポイント」になるかも知れませんね。