IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

<これまでの経過とおさらい>
1) 8/14(金)(始1,483,1523,1470,終1438) 引け後に2Q決算発表 (営業利益+6.5%, 税前利益+35.4)
2) 8/17(月)決算良好なるも通期の上方修正なく、 株価は上げた後、少し下げて終わった(始1,485,1523,1427,終1438)
3) 8/17(月)引け後にF351 phase2に関する極めて良好な治験結果を示すIR発表
4) 8/18 (火) +300のストップ高 (1738,1738,1738, 1738)
5) 8/19 (水) +400のストップ高 (2138,2138,2138, 2138)
6) 8/20 (木) (2317, 2499,2103,2125)
7) 8/21(金) (2123, 2242,2068,2167)
8) 8/24(月) (2214, 2654,22053,2620)
9) 8/25 (火) (2586, 2689,2462,2488)
10) 8/26(水) (2470, 2560,2415,2510)
11) 8/27 (木) (2509, 2610,2448,2469)  東証・日証金による信用規制(8/27)
12) 8/28 (金)  安倍首相退陣表明(8/28後場の場中 株価→(2490,2537,2292,2355)
13) 8/31 (月) (2454, 2516,2411,2500) 
14) 9/1 (火) (2514, 2828,2510,2811) 
15) 9/2 (水)  (2751, 2811,2635,2689) タミバロテン却下のIR(但し、再申請の道ありとの付言)
16) 9/3 (木) (2650, 2745,2617,2727)  ← タミバロテン却下のIRは下げ要因にならず、又、NY市場の調整始まるもGNI株価は堅調維持
17) 9/4 (金)  (2677, 2765,2661,2753) ← NY市場の調整続くもGNI株価は堅調維持

18) 9/7 (月) ??????????????????? 

以上の経緯と動きは何を物語るか?


A) 8/14の2Q決算発表は良好な内容なるも(又、今後の通期上方修正の可能性あるものの)株価への大きなインパクトにはならなかったが、8/17のF351 phase2の治験結果を示すIRが株価へ絶大なインパクトをもたらしている。これは機関が之迄の空売りの買い戻しと新規の買いの動きを強めていることが背景にあるものと思われる。上記IR発表以降に現出した安倍首相退陣表明、信用規制、タミバロテンという3っつのネガティブ要因を押し戻し、株価はの先週末までに高値圏を奪回してきており、今回のGNI株価の強さは極めて顕著といえると思われる。

B) 8/14のIR発表の際に示唆された9月下旬~10月上旬という次回IR発表時期が、当面の株価推移へ極めてポジティブな要因となっている。発表は早ければ、14営業日後に迫っており、これまで大量のカラ売りを抱えていた機関が対応に慌てていることが推定され予想され、当面株価は強含みで推移すると予想される。今回相場のこれ迄の高値は2828であるが、日経先物から判断しても明日月曜日にもこれを上抜けこれてくるものと思われ、近々の3000円乗せが期待できそうだ.

(投資はあくまでも自己責任です)。