IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>52

>>ここの大本命はcullgenですよ

まじそうなんですか。
F351だけで宝箱の隙間もなくなっているくらいなのに。cullgenがそんなに大きいものなら私の大事な宝箱が壊れそうです。(笑)

  • >>54

    宝箱か。いいね。私はこことのおつきあいも長くなってるが、その魅力はと聞かれると、、、
    一つは他社と比べものにならない事業の成長性かな。
    でも、以前から感じている一番の魅力、ここGNIに株式投資してきた理由、、、
    それは経営者の先見性と時代の流れを見据えた視野の広い経営感覚。
    国内バイオ企業をみると、昔開発した特定のパイプラインだけにしがみついて、それもほとんど成功もせず定期の新株発行収入で暮らしているのが現実。
    でもルオ社長は自己の中国に強い経歴を最大限に生かし、まずF647とBAB(株主に一時迷惑もかけたが)で食いぶちを確保し事業として黒字転換。そして、今はF647を発展させた誘導体F351開発のみならず、新たにがん領域などの創薬開発Cullgenで有能ながん新技術プラットフォームを構築し新創薬分野に進出しようとしている。しかもGNIグループとしての企業体力拡大のための子会社北京コンチの上海市場上場という「お宝」(笑)つきで。
    今はF351が話題だが、ルオ社長の先見材料があれこれ具現化するまで、私のこことのお付き合いはまだまだ続く。