ここから本文です

なんかスゴソー、カルゲンメンバー紹介

Jian Jin博士は、20年以上の小分子創薬の経験を持つ世界的に有名な医療化学者です。

彼は現在、治療薬発見のシナイ山寄付教授、薬理学科の教授、腫瘍学科の教授、およびシナイ山のアイカーン医学部の治療薬発見センターのディレクターです。

ジン博士の研究室は、ヒストンメチルトランスフェラーゼの選択的阻害剤とGタンパク質共役受容体の偏ったリガンドを発見するリーダーであり、発癌性タンパク質を標的とする新規分解剤の開発の先駆者です。

博士は、1991年に中国科学技術大学で化学の理学士号を取得し、1997年にペンシルバニア州立大学で有機化学の博士号を取得しました。オハイオ州立大学で博士課程修了。

博士は1998年にグラクソスミスクラインに薬化学者として入社し、2003年から2008年まで薬化学のマネージャーを務めていました。

2008年、ノースカロライナ大学チャペルヒル(UNC)の化学生物学および薬化学部門に准教授として加わりました。

2008年から2014年まで、UNCの統合化学生物学および創薬センターで医薬品化学のアソシエイトディレクターを務めていました。

ジン博士は、2014年に教授としてシナイ山のアイカーン医学部に採用されました。

博士は100以上のピアレビューされたオリジナルの研究論文を発表し、100を超える招待講演を行いました。

彼はまた、10件の発行済み米国特許と40件の公開済みPCT特許出願の発明者でもあります。


うーむ、
生産性の固まりですね。