ここから本文です

たしかに、先般少しわかったヒドロニドンの改善効果と副作用を勘案すると、
次の中国のフェーズ3やアメリカのフェーズ2がうまくいかないはずはないし
CFDAやFDAがF351承認上市を拒否する理由がないなあ。
先日の中国のフェーズ2中間解析結果を心配していたことが無駄な心配だった
ように、いまの状況からすると中国・アメリカのフェーズ3も何の問題も
ないかもね。ただ上司まで期間がかかるのは致し方なし。