ここから本文です

>>953

いや~、連休でお客様満杯でようやく今落ち着いた。
nitさん、冷静な分析投稿だなんて、お恥ずかしい。殆ど希望的観測と妄想と愚痴を語っているだけですよ。

普通に考えればアイス売上は保険効果浸透に連れ無条件の右肩上がり推移は承知していますが、やっぱりまだ疑心暗鬼な部分が拭えないんですよね~。

例えば2016の4Qで429売り上げたかと思えば、翌1Qで285に落ち、その原因が
「中国の長期休暇の影響から、約33.5%減少しました。」という何とも腑に落ちない理由。元々季節要因も理解していますが、人命の存続にも関わる薬が長期休暇ごときで3割以上減少なんて有り得んのか?と、すんなり納得できない自分もいました。
これは恐らく毎年の事でしょうが、やはり企業ですから期末決算対策で顧客に多少大目に在庫を抱えてもらう等、営業現場での操作があったと勝手に推測しているのです。その反動もありの1Q落ち込みではなかったかと。

今回もそんな操作が?いや今後はそんな小細工をしなくとも順調に売上を伸ばせるんじゃないだろうか?
真実が見えないので色々と考えてしまうんです。考えても意味のない事も理解していますが。

それと今更かもですが、株主への情報提供意識の低さ。
増資前後ばかり頻繁にIRやお知らせ出して株価を吊り上げようとした一方、保険収載の進捗は出すと言っておきながら全く出さない、CTD-ILD3相開始も曖昧な表現のお知らせで済ます、DNやRPの現状もなしのつぶて、新工場進捗状況も完成や稼働予定日も全く分からない、351中国2相も予定した時期になぜ終了しないのかの報告もないetc、とにかく不誠実なこの会社の姿勢に不信感で怒り心頭状態。

でも、前代未聞の比類なき魅力と可能性を持っている企業である事だけは間違いなく確信が持てる。
支離滅裂になっちまいましたが、F351がブロックバスターでこの会社が大化けするキーである事は間違いないが、それも現在の主力商品アイスが順調に売上を伸ばしてこそ可能となるグランドデザインのハズ。アイスの売上がなければその辺の赤垂れ流しバイオと同じで、今後どんだけ増資せなあかんねん?となる訳で。なのでアイス売上は絶対に予算未達になって欲しくない、むしろ驚愕数字を期待したい、何とかそれをこの決算で証明し、且つ疑念と不安を一掃して欲しいと切に願うチキンな私なのであります。