IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

アイスーリュイは上市して保険収載までいっていて、F351は他社も開発しているし、開発急ぐ必要もあるし、そこまでの悪材料ではない
家でも車でも買うのにローン組むのと似たようなもので当座の資金を確保しにきただけ。
やり方はちょっとよくなかったと思うが。

今後の展望としては、アイスーリュイだけみたら、昨年度で50万人の患者のうち3000人に売って売上約16億。
死に至る病で保険で2割負担になるなら、使用者が30%で想定して、
15万人 50倍で800億
自社だから利益率も高い。
すぐにこの水準にはいかなくても、数年でこの水準にいってもおかしくない。

本当に株主カモる気ならもっと好材料先に出しているよ。前の増資の時もそうだったが
好材料これから出してくると考えるのが妥当。
株価が下がると調達できる金額も少なくなるわけだからね。
そう遠くないうちに今より株価はあがると思うよ。
元々700~800から15%希薄化させても今の水準より株価は高いので、織り込んでてもおかしくない。
パニック売りさえしなければ、そんなに下がらない。

PTSで機関しか注文出せない時間帯にストップ安に大量の売りが出たのも
月曜に投げさせるための見せ板かと。
ほんとに売る気あるならザラバで出す。

BABの買収もなんか理由があったのかな。

いずれにせよ、これからIRは結構出してくると思うけど