ここから本文です

>>770

こういうサービスは一度採用されると、顧客はやめて後戻りすることに苦痛を感じるはず。
あって当たり前になった便利さてぇのは、失われる時の不便さが強く感じられるだろうっからね。

従量課金制てぇ志向も良い。
一案件毎の営業負担(価格交渉)が抑えられよう。
加えて、既存顧客にとっても案件ごとの価格交渉機会が小さけりゃ、採用終了などの見直しが生じにくいのではなかろかね。

こりゃ将来のバラ色!妄想が止まらん。
っと。ポートフォリオに占める割合を増やし過ぎぬよう抑えねば。