ここから本文です

いよいよ本物ですか。年末の歳暮価格と言うわけではないでしょうね。実際、UBICの株価上昇は十分な準備の上での結果。そんな感じがします。しかし、D銀行、D証券の横槍が懸念されますが、それも最早杞憂でしょうか。明日から、来年の相場が楽しみです。