ここから本文です

売上高の進展率は計画を下回っているように見えますが、それでも3.9%の増加で去年よりは高い進展率となっています。課外クラブの月謝の値上げによる影響で、会員数が減少していますが、一方でこの値上げにより一定の売上高の進展及び十分な利益が確保されています。
営業利益が9.2%進展しているのに対して、経常利益が2.9%の進展に留まっていますが、これは去年保険差益17百万円を計上したことによる影響です。この影響を除いて考えれば、経常利益は10.3%増となり、純利益も6.4%増となるということです。個人的には、去年の第1四半期の利益の進展率が高かったことから、今年はマイナス進展の可能性も想定していたので、結果はプラス進展で良かったとホッとしています。
こうした点を皆さんも理解されておられて、本日はマイナスでスタートして、50円以上の大きな下げとなりましたが、最後は値をほぼ戻しています。私も本日800円台で買増しを行うことができました。このまま着実に業績を伸ばしていってもらいたいと思っています。