IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

社会課題を解決するベンチャー投資ファンド…そもそも、社会課題を解決する事業をなぜ自ら立ち上げないのか、もしくは投資先を高めるスキルがココにはあるのかなど、素朴な疑問が拭えない。

たとえ自治体と組もうが…単なる「お金集めの器」を提供する手数料ビジネスがこの会社の事業の核なら、クラウドファンディングを胴元手数料ビジネスとしている巷の会社と変わらないので独自性は感じられなくなる。

社員数もゴルフ場子会社を除けば、実態の規模がわかるこの会社を、まだ創業ステージの会社だと仮定したとして…エンジェル投資家向けと考えると株価は割高で、余裕ある中での投機と思えば割安…だから、どうしても動きには癖がある。

これまでも、期待感を抱かせる時は雄弁で、投資先が頓挫すると外部要因を言い訳にするかダンマリとなる。
まずは、そうした姿勢から改めて、オリジナリティある事業の核となる実績づくりが、長期保有志向にとっては今後の期待値への一番の説得力。