IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

どんな経済情勢になっても、また、いっときコロナのような異常事態が起こったとしても、いつの世もM&Aニーズは底固いです。
M&Aによって少子高齢化下の日本企業は合従連衡し、シェアや体力を拡大し、成長していく必然があるからです(政府もいよいよ本腰を入れて来ています)。
しかもそのターゲットは次第に東南アジアへと拡大していきますが、ここは数年以上前からその流れに先手を取って海外拠点も充実させて来ています。
他の追随を許さない動きです。
分林会長の言う「世界一」も、あながち夢ではなく、実現可能な計画だと感じています。

実際に、成約件数では既に圧倒的に世界一となっていると聞きました。