ここから本文です

【日本総研 11月14日版 レポートの抜粋】

2014年の増税時のような個人消費の深刻な落ち込みは避けられる見通し。
増税前の駆け込み需要の盛り上がりが限定的だったことから、前回増税時のような大幅な反動減が生じる可能性は小。
雇用者数の増加が続くなど家計の所得環境も着実に改善していることから、駆け込み需要の反動減が一巡するにつれて、消費は再び緩やかな増加基調に復帰する見通し。

・・・雇用者数の増加トレンドに、変化はないようですね。