ここから本文です

国産の鶏肉の卸価格が上向いている。空揚げなどに使うブロイラーのもも肉は、直近の安値を付けた7月初めに比べ6%上がった。猛暑で鶏の体重増加が鈍り、供給量が減った。小売店で鶏肉の販売が前年同期を上回る例が多く、10月以降の値上げを検討する例もある。景気の回復傾向が続く中、依然として割安な鶏肉への引き合いが強い。
2013/9/7 2:00 情報元 日本経済新聞 電子版