ここから本文です

(迫真)はやぶさ2 未踏への軌跡(2) 13年前のリベンジ

2019/3/6付
日本経済新聞 朝刊

宇宙航空研究開発機構(JAXA)内に設けられた探査機「はやぶさ2」の管制室。2月22日午前7時49分、小惑星「りゅうぐう」への着陸成功が分かり部屋中が歓喜に沸く中、NEC宇宙システム事業部の大島武(53)は表情を変えずにモニターをにらみ続けていた。「13年前のリベンジ」はまだ果たせていなかったからだ。
 大島は初代はやぶさのプロジェクトにも参加した。2005年11月、小惑星「イトカワ」への到着には成功したものの、惑星表面を弾丸で削り岩石を持ち帰る目的は果たせなかった。プログラムの不備で弾丸を発射できなかったのだ。今度こそ。当時を思い出しては悔し涙を流し、発射装置の改善を重ねた。

(中  略)

NECは、はやぶさ2の設計と製造を主に担当。打ち上げ後も管制に加わってJAXAを支援してきた。トラブルが起これば様々な企業や機関から集まったメンバーと協議しながら修正する。
 着陸自体も極めて難しい作業だ。「何が起きているんだ」。18年9月12日、管制室がどよめいた。「りゅうぐう」への着陸リハーサル。降下するはずの機体が逆に上昇したのだ。「りゅうぐう」は想定以上に黒くレーザーを十分に反射しなかったため、距離計測が狂った。微弱な反射でも捉えられるようプログラムを変えて問題を解消した。

2月の本番で機体操作を担当したのはNECネッツエスアイの深野佳代(30)だ。JAXA担当者の指示に従ってパソコンにコマンドを打ち込み、機体の姿勢や速度を制御する。同じコマンドを送ってもエラーが出ることもある。5年かけて機体のクセや、通信品質を左右する地球の天候把握などを学んだ。

(以下 略)
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 ここ、5Gだけではありません。