ここから本文です

(株探)  2019年03月02日19時30分

最強テーマ「5G」「バイオ」「人材」で選出! 今が旬“急騰前夜5銘柄” <株探トップ特集>

ここにきて個別材料株の値動きが軽い。3月相場入りの東京市場は材料株人気が加速しそうな気配が漂う。市場で注目される強力な投資テーマに乗せて急騰力のある有望銘柄を選りすぐった。

―株式市場で物色人気の中心軸にある3大テーマで、次の出世株候補株を厳選―

              ~(中略)~
<5G関連>その1
【NESICは5G普及期にNEC系の強み発揮】

 NECネッツエスアイ <1973> は目先上昇一服も5日移動平均線を絡め下値切り上げ波動に変化はなく、早晩上げ足に勢いがつきそうだ。1月末から2月にかけて急速な水準訂正を果たしたが、その後は2000円台半ばで売り物を吸収。時価は上昇エンジンが再始動し2月1日の戻り高値2625円を上回ったことで新波動に突入したとみてよい。NECの工事部門がスピンオフした企業で、通信建設工事及びシステム開発を手掛ける。早晩国内でも案件が浮上してくる次世代通信規格「5G」では、国内通信機器トップメーカーであるNEC系列の強みをいかんなく発揮することが想定される。

 同社は移動体基地局に絡む置局設計で高度な技術を有しており、「スモールセル(小規模基地局)が多数必要となる5Gでも当社が持つノウハウにはニーズが生じるとみている」(会社側)としている。5Gはミリ波など高周波数帯域を使うが、4Gの時より直進性が増すため障害物を回り込むことが難しくなり、その対応で小規模基地局の数が急増することになる。また、同社は昨年、通信メガキャリアのKDDI <9433> と共同出資で移動体基地局建設のための子会社を設立している。これについても「4G対応を基本に設立したものだが、来るべき5G案件にも順次対応していく準備はできている」(同)という。
            ~(以下  略)~