ここから本文です

>>347

3Qは会社の前回予想通りの成績でした。通期見通しも変えていません。
ただ通期売上見通し450億円(2.3%減)、額にして11億円減は保守的過ぎるのでは。
理由は2つ、3Qの売上げ減は前期比わずか0.6%減の1.9億円でした。
次に3Qの受注残は前期比4.8%増の16億円です。
この受注残がそのまま4Qに上乗せされるとは思いませんが、4Qは官公庁予算の執行時期、期中受注、売上も予想され、おそらく今期は前期を凌駕するものと予想しています。
今年の夏に向けて小中学校のエアコンなど暑さ対策が消費増税対策も含めブーム化するでしょう。
ここは利益剰余金145億円、有利子負債5億円、時価総額127億円と時価総額をはるかに上回るキャッシュリッチカンパニー、PER6倍、配当12円もおいしい限りですね。
このままでは東証1部も危うい、決算に向けて自社株買いもありそうです。