IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

ここも親会社に膨大な貸付金(約105億)があります。

親会社、不祥事が止まりません。直ちに預け金を株主に返していただきたい。
経営陣も少数株主の為に動いて下さい。明らかにコーポレートガバナンス不全です。

経済産業省『グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針』では、上場子会社においては、支配株主である親会社と上場子会社の一般株主の間に存在する利益相反リスクについて指摘している。

特に、現金の預入れ等、直接取引については、 「上場子会社において利益相反が生じうる具体的な場面」として紹介され、「一般株主の利益が害されうるため、上場子会社における実務的なガバナンス体制の構築を通じ、一般株主の配慮に十分配慮した対応を行うことが求められる」と言及されている。

1948 - (株)弘電社 ここも親会社に膨大な貸付金(約105億)があります。  親会社、不祥事が止まりません。直ちに預け金を