IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

四季報で指摘されているように治水工事の需要があっても、コロナ不況で民間工事が蒸発しているから昨年度よりも高い株価を正当化できるものはない。