IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>511

【ライト工業:IRニュースより】
                            2020 年1⽉31 ⽇
                        会 社 名 ライト⼯業株式会社

関係会社株式評価損(個別)及び持分法による投資損失(連結)の計上に関するお知らせ

 当社は、2020 年3⽉期第3四半期決算において、下記のとおり損失を計上することになりましたので、お知らせいたします。

               記

1. 関係会社株式評価損について(個別)
 当社の持分法適⽤関連会社であるFecon Corporation(本社:ベトナム国ハノイ市、ホーチミン証券取引所上場、以下、「Fecon」)株式について、時価が著しく下落したため、⾦融商品に関する会計基準に基づき減損処理を⾏い、関係会社株式評価損1,782 百万円を特別損失に計上いたします。
 なお、関係会社株式評価損は、連結財務諸表上では⼀旦消去され、連結財務諸表へは下記2.の通り持分法による投資損失として計上されます。

2.持分法による投資損失について(連結)
 上記1.に伴い、連結決算においてFecon に係るのれんの未償却残⾼856 百万円を⼀括償却し、持分法による投資損失に含めて営業外費⽤として計上いたします。

3.今後の⾒通し
 本件が、2020 年3⽉期の個別及び連結業績に与える影響は現在精査中であり、判明次第、公表いたします。
 なお、四半期会計期間末における時価のある株式の減損処理につきましては、四半期洗替え法を採⽤しているため、決算期末の時価によっては、評価損の計上額が変動する場合もしくは評価損を計上しない場合があります。
                                  以上

  • >>559

    【業績進捗度(経常利益)】 (会社予想)

            第1Q      第2Q      第3Q     第4Q
    業績進捗度  14.01%     38.74%    59.84%     ?
    (決算日)  (2019/08/06)  (2019/11/07)  (2020/02/06)  ( / / )
    平均進捗度  25.00%     50.00%    75.00%    100.00%

    20年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比11.6%減の61.6億円に減り、通期計画の連結経常利益103億円に対する進捗率は59.8%にとどまり、5年平均の68.4%も下回った。

    ★第4Qで通期計画の連結経常利益103億円に対する進捗率が100.00%達成できるのかどうか、第1Qから第3Q迄の進捗状況を見ていて難しくなってきたように思えますが…

  • >>559

    ◇上海株前引け 続落、景気指標の悪化が重荷 アジア300指数は大幅続落

     16日午前の中国・上海株式相場は続落した。上海総合指数の午前の終値は前週末比15.9335ポイント(0.55%)安の2871.4930だった。

     2月の中国の主な経済指標が新型コロナウイルスの影響で軒並み前年割れし、相場の重荷となった。一方で中国人民銀行(中央銀行)による預金準備率の引き下げを受け景気の回復期待も強く、下値は堅かった。

     招商銀行や中国平安保険など金融株の一角が下落した。酒造や家電、自動車株の一部が安い。通信や半導体関連といったハイテク株も売られている。半面、鉄道建設などのインフラ株が高い。医薬品株や石油関連株も堅調だった。

     深セン市場では深セン総合指数が1.09%安。ベンチャー企業向け市場の創業板指数は2.14%下落した。

     16日の日経アジア300指数は大幅に続落している。
     世界的な新型コロナウイルスの感染拡大を受け、各国政府が渡航制限措置を相次いで発動している。

     世界の経済活動が鈍化するとの警戒感が強まり、幅広い銘柄にリスク回避目的の売りが優勢となった。

     半導体受託生産の台湾積体電路製造(TSMC)や台湾電子機器製造の鴻海(ホンハイ)精密工業が下落した。
     中国ネットサービスの騰訊控股(テンセント)、中国平安保険、中国海洋石油(CNOOC)が下げた。
     香港複合企業の長江和記実業(CKハチソン・ホールディングス)やジャーディン・マセソン・ホールディングスが軟調だ。…



    NO,559関連【ライト工業:IRニュースより】
    >1.関係会社株式評価損について(個別)
    >当社の持分法適⽤関連会社であるFecon Corporation(本社:ベトナム国ハノ
    >イ市、ホーチミン証券取引所上場)株式について、時価が著しく下落したため
    >⾦融商品に関する会計基準に基づき減損処理を⾏い、関係会社株式評価損1,782
    >百万円を特別損失に計上いたします。

    ★上記のとおり「2020 年3⽉期第3四半期決算において、損失を計上する事になりましたので、お知らせいたします」との事ですが、ライト工業の持分法適⽤関連会社である Fecon Corporation 社の現在の株価の動き、及び、時価が心配ですよね?