ここから本文です

大和ハウスの不適合住宅、当初の2倍の3900棟超に
住建・不動産 関西
2019/6/18 15:58 日本経済新聞
大和ハウス工業は18日、賃貸アパートと戸建て住宅に不適切な柱や基礎が使われていた問題で、対象物件が3955棟に増えたと発表した。当初の発表から約2倍に膨らんだ。不適合物件を抽出するときの手法に不備があり、漏れがあったという。

同社は設計担当者の理解が不十分だったとする外部調査委員会からの最終報告を受け、社長直轄の法令順守の部門を設けるなどの再発防止策をまとめた。午後4時30分から大阪市内で記者会見を開き、芳井敬一社長らが説明する