ここから本文です

この記事はどこまで本当でしょうか?


大東建託に起こされる集団訴訟の概要
まず、大東建託に起こされる集団訴訟とはどのような内容なのでしょうか。あまり大きく報道されないため見逃しがちな情報ですが、実は新聞社やメディアの多くがその事実を伝えています。報道内容を簡単にまとめると以下のようになります。

・契約前のアパートオーナーとの間で、申込金が返還されないトラブルが起こっている
・契約前の施工に対する請求もあり、解約時における被害額は数百万円という大きな金額の事例が多い
・契約書に「申込金を返還しない」と記載されており、宅地建物取引業法に違反する可能性がある
・サブリース被害対策弁護団には同じトラブルで200件以上の相談が寄せられている
・内閣総理大臣の認定を受けた「消費者機構日本」が大東建託を提訴する予定

最後以外は、返金で解決方向としても、最後のは心配ですね。