ここから本文です

今回の大阪府北部地震は東北大学災害科学国際研究所の遠田晋次教授(地震地質学)が1か月前に予測していた!
2018.5.12 08:18 南海トラフ地震の前に発生する内陸地震に警戒必要 注目エリアは近畿、中部 専門家対策呼びかけ- 産経WEST
「……4月9日にマグニチュード(M)6・1の島根県西部地震が起きましたが、山口~出雲は地震帯があり、震度5~6の地震は頻繁に起きます。山陰は、大きな活断層は見つかってませんが、隠れた活断層(伏在断層)も考えられ、最大で平成12年の鳥取県西部地震(M7・3)規模の可能性はあります。中国から京都北部にかけては要警戒地域です。」
「……西日本で起こる内陸地震を南海トラフ地震に向け活発化している「プレ南海トラフ地震」ととらえる見方です。」

この記事を読むと南海トラフ大地震は危険水域に達したのではないか。我々には逃れようがないのだから、被害を最小限に抑えるよう、対策を立てる以外にない。
皆さんのご家庭でも非常食の備蓄、家具の倒壊対策など出来る限りの対策をとっていただきたい。万が一、家が壊れても命があれば何とかなります。とにかく、身の安全だけは必ず確保しましょう。