ここから本文です

 JR東海の大規模修繕計画

〇JR東海によるリニア新幹線以外の東海道新幹線や在来線の設備更新・補強計画が進んでいること。

平成29 年度重点施策と関連設備投資について

http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000033457.pdf

『地震対策のさらなる強化に向けて取り組みます

・東海道新幹線の脱線防止ガードの敷設について、対象を全線に拡大した新たな実施方針に基づき、現計画に追加して工事を進める。

・在来線について、高架橋柱等の耐震化や名古屋工場、駅舎等の建替・耐震補強工事等を引き続き進める。

・地震による吊り天井の脱落を防ぐため、新幹線、在来線駅の天井の脱落対策に取り組む。(設備投資額:1,430億円)
(参考)・脱線防止ガード敷設:平成29年度 約75キロメートル(追加分約3kmを含む) ・大規模改修工事:平成29年度 370億円(平成28~31年度 1,450億円)

・東海道新幹線の大規模改修工事について、技術開発成果を導入し施工方法を改善するなど、コストダウンを重ねながら着実に進める。

・在来線の落石対策、踏切保安設備改良等を引き続き進めるとともに本年秋に静岡地区東海道本線の運行管理システム取替を完了する。』

 リニア新幹線工事を進めながらも、東海道新幹線や在来線の補強対策が毎年計画的に実施されているので、名工建設の仕事は着実に増加しています。

 スーパーゼネコンのうち竹中工務店を除く4社はリニア新幹線で談合をしていました。しかしリニア新幹線からスーパーゼネコンを排除したらリニア新幹線は完成しない。たぶん東海道新幹線や在来線の工事などからの受注が減らされることでペナルティーが科せられるのではないかと思っていますが、どうなんでしょうかね~。