ここから本文です

日本政府は、新たな経済対策について、事業規模を25兆円台とする方向で与党との最終的な調整。

防災や減災に向け河川の堤防などインフラの強化を進めるほか、小中学校の児童・生徒に1人1台のパソコンの配備を目指すことなどが盛り込まれている。