ここから本文です

あらかじめ申し添えておきますが、万国博覧会の開催に当たっては凄まじい金額のカネが動きます。

協賛企業として名を連ねているこれからの森組の経営がどうなるかについては論を待つものではありません。