ここから本文です

>>1264

森組が見向きもされない時からの付き合いですね。
寂しくもあり残念でもあります。
気が向いたらいつでも戻ってきてください。
森組の黄金の日々は始まったばかりで、これから
空前絶後の明るい事業環境のなかで更なる飛躍が
期待できると考えています。
takさんのご健康とご多幸を祈念して。