ここから本文です

2/4
474+40高値477
209/3EPS 30.5円→PER 15.6倍

特色】PC工法大手で橋梁など土木工事が主力。官公庁向けが大半。九州から全国化、枕木分野を強化
【下期挽回】前上期の好採算工事は剥落。労務単価は依然増加。ただ下期に高速道路関係の完工増。土木事業の設計変更収入も寄与し営業増益。税効果ない。20年3月期はPC床版切り替え工事の増勢を見込む。
【逼迫】プレキャストコンクリートを製造する国内6工場はフル稼働状態。空き敷地活用してしのぐも、今後は設備増強も検討。ミャンマー進出に向け市場調査注力。

時価総額 88億
決算発表2/8