ここから本文です

割安度、増益率そして新幹線関連に加えて、東急建設と並ぶ投資妙味。

どうしてこんなところで捨て置かれてるのかわからなかったが、

今日の反転を契機に居所を変えるのは必至。

時あたかも耐震がテーマになりつつあり実績持つここが買われるのは、

道理である。