ここから本文です

お笑い芸人の芥川賞で
本当に価値あるものって 何だろうって 考えさせられますね
大自然 優良田畑 結果として値上がりする株 笑 と 色々思い浮かびますが
文学芸能の分野は 判断が相当悩ましいですね 笑
ココのホルダーは今はともあれ 価値あるものと思って買われてるんでしょう
絵画でも文学でも亡くなってから人気が出るってこともありますよね 笑
ただ 古館さんの皮肉は 無粋ですよね 本来 曖昧無垢であるはずの文学の価値に対して
あたかも 固定された確かな価値基準がある かのごとき 発言です
又吉さんには さらに頑張ってもらいたいね
マア確かなのは 直木賞や芥川賞受賞者ってのは ある種の才能は勿論有るんでしょうが
基本的には その時代その年の 歌舞伎者であって それ以上ではないはずです
よって 若い時にこれらを受賞したからと言って それだけで社会的に祀り上げてしまうのは
大いなる間違いの元ですから
止めましょう