ここから本文です

下がるのが見えていても危険水位まで見守り、なるだけ安値で自社株を買い戻す…。当然といえば当然のこと。まだ危険水位ではないということ。