ここから本文です
634

武士の魂 強く買いたい 5月17日 00:52

【IR窓口回答 : 決算・新中期5ヵ年計画の真意】

本日の急下落で不安になった方も多いであろう。
さすがに小生も腑に落ちない所があり、個人としては比較的大口なので株主を代表して会社側に表題について確認した。
何かの安心材料になればとお伝えさせて頂く。

①今期減益予想が問題なのでは?

会社としては業績は引き続き好調が予想され、なぜ減益予想にしたかは、今まで繰越欠損金があった為、法人税が免除になっていたが、欠損金もなくなり今期からは健全な会社になり法人税をまともに納めなければならないのでそれを見込み減益としたが、実質は好調が予想される。
また、短信にも記載あるが受注残も前年比16%増で手持ち工事も豊富である。
通期予想は上記法人税で減益にしているが、豊富な受注残と今期受注するであろう堅い部分のみの積み上げで予想を堅く出している為、更なる受注や追加設計変更等は見込んでいない為、上振れの可能性もある。
中間決算時点では減益が大きく見えるが、年度末完成工事が多い為であり、年度末に大きなウエイトがあるので問題ない。
予想の発表の仕方は相変わらず堅く堅く出しているが、好調が予想される。

②新中期5ヵ年計画の意図は?

更なる飛躍と将来の生き残りの為に、会社が新たなステージに向かう強い意志の現れであり、社内で作成したもので、今までの飛島ではないと言うことをお分かり頂きたい。
単なる建設会社ではなく、飛島ホールディングスのようなイメージであり、多角的総合的に組織を強化し収益倍増を目指して行くものである。
今年度から少しずつ成果が出てくるであろう。
そして、株主にも目を向け株主還元もしっかりと行う方針になり、配当性向も今までの20%ではなく、30%以上を目指して行く。
ホールディングス化や収益倍増、配当性向は見栄えの為に作った計画ではなく、実行する為の強い計画である!

③この超低株価をどう考えている?

無配当時代よりも悪く、業績に見合っておらず、会社としても経営陣も気にかけており、放置は考えていない。
株主還元も含め、向き合って行くつもりである。

以上のような回答があり、こんな株価でいる会社ではないことを改めて確信した!
市場は様々な思惑があり、下落もまた受け入れなければならないが、ここまで実態と乖離した下落と低株価は異常であり、いづれ正常化されるであろう!
もし小生の言っている事が信用できなければ、どうか一度勇気を出してIR窓口に電話して直接ご自身の耳で確かめて頂きたい!
内容も含め、小さな株主でもしっかりと対応する会社に変わったことも実感されるであろう!