ここから本文です

>>659

そんな優等生なことを言うのであれば、
そもそも、一番効率の良い投資は、すでに判明していて、
「市場全体を買うことが一番有利」であり、
個別株投資は長期ではかなわないことが分かっているのだから、
「ダウ平均か、SP500のETF」を、全財産で買ってればいいのではないかと。

子会会社株だって、
それを投資家が理解して、
それに相応するマイナスのプレミアム分安ければ、ええわけで。

グーグル株だって、フェイスブック株だって、
議決権ない株と、議決権がほとんどない株が上場していますが、
100兆円ですが、問題なく売買されています。

ビットコインだって、なんの裏付けもないのに、
上場されて、売買されているわけです。

気になるなら、同割合、親会社も買っておけばええ訳でしょう。
一応、僕は1万株親会社も持っています。

いまより、2割下げて500円になると、
時価総額が32億。
今季予想利益が11億(PER2.8)(個人的な予想では13-4億なので、PER2.3-5)
純資産額が43億(PBR0.75)
今季売上が300億(PSR0.11)
になるわけで、さすがに安すぎなので、
2割下がるよりかは、
2割上がる可能性の方が可能性高いんじゃないかと思う。

正直、現在の株価は安すぎで、
700円以下は、売ったら損なレベルで、
近い将来、700円は回復すると思っています。

最近、金利の低下を受けて、
不動産株や住宅株は、
かなり、上昇してきていますしね。