ここから本文です

かなりの下げですねえ。やっぱし。
でも、去年の11月に800円台だったのが、12月末には400円台まで下げた
あの下げに比べれば、なんでもない。

よく考えると、PER15(会社の15年分の利益でやっと株価が回収できる)なら、
会社予想に届かなければ、売られてしょうがないけど、
しょせん株式市場の評価はPER3ですし、
利益は、会社予想に届かなくても、惜しいとこまで行ったのだし、
もっと評価されるべきではないのかと思わないでもない。

「死なない限りかすり傷」といいますが、
PER3なら、
「赤字でない限り、ポジティブサプライズ」
なのではないだろうか。

死ぬほど下がっても、せいぜい1割 MAXでも2割。
上がったら、倍もありうるというのであれば、
賭けとしては、まだまだいけるのではないか。