ここから本文です

次世代の通信規格5G普及へ 国が大手4社に資金支援
2019年6月25日 11時59分 NHKニュース

次世代の通信規格=5Gの普及に向けて、国が携帯大手4社に対して資金の支援を行い、基地局の整備を加速させることになりました。
5Gの電波の割り当てを受けたNTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、それに楽天の4社では、令和6年度末までに、全国で合わせて7万の基地局を整備する計画を国に提出しています。

しかし、面積でのカバー率がおよそ60%にとどまる会社もあることから、総務省では基地局の整備を加速させるため、資金的な支援を行う方針を固めました。

来年度予算に新たな補助金制度を設け、基地局の設置にかかる費用の一部を負担することにしていて、各社の計画より20%多い8万4000の基地局を整備するとしています。

自動運転や遠隔医療など幅広いサービスの基盤として期待される5Gを、人口が密集する都市部だけではなく地方でも普及させるのがねらいです。

これについて石田総務大臣は、25日の閣議のあとの記者会見で「地方のICTインフラの整備を加速し、どこにいても高度なサービスを受けられるようにしたい」と述べました。

1724 - シンクレイヤ(株) 次世代の通信規格5G普及へ 国が大手4社に資金支援 2019年6月25日 11時59分 NHKニュー