ここから本文です
  • >>6

    はるかに多い です。
    配当利息で生活の糧になる位、持っています。
    目先の株価は低空飛行ですが、ここ程安心して持ち続けられる銘柄を知りません。

    CMは世に求められている。
    CMの周知は徐々に着実に進んでいる。
    名峰はCM業界のトップランナーとして、先鞭を付け、いち早く上場し、実績を積み上げて、近年では公共事業にも先鞭を付けてきました。
    今。CMは 潜在需要>実質供給の状態にあると考えます。
    需要が急拡大しないのは、需要に対し、供給側の質が追い付いていないからではと考えます。
    ペーパードライバーでは現場では対応できないのと同じ。CM事業体の質の向上はノウハウが不可欠です。
    名峰は今フル稼働の状態にあると考えます。
    事業量は社員数、熟練度、組織効率(ノウハウ、ビッグデータを活用する独自システム)の掛け算によって決まると考えます。急進はないけれど、確実に上昇する。
    名峰の社員待遇は大手ゼネコン並みです。その給与に見合うだけの仕事をしている。
    それだけの待遇をするから、他から優秀な人材を獲得できる。
    公共事業では競争に勝たねばなりません。実績を積むには採算は二の次であったかもしれません。
    CM方式を採用する私企業、公共事業体が増えれば、採算重視で選ぶことができます。利益率は今も高水準ですが、更に伸ばすことも可能と考えます。

    数字の伸び率の低さに撤退する個人投資家も多そうです。
    機関投資家が主体となる東証一部への移行を強く望みます。